オーストラリアに行きたいD

Dの動植物について

 

ポッサムなどの有袋類やカモノハシハリモグラなどの単孔類、

エミューディンゴに代表されるように、

地理的隔離と気候の多様性が生んだその生態系は非常に個性的である。

 

 大陸の大半はステップ(半乾燥帯)で占められる不毛の地である。

しかしそれでも尚、高山植物からまで様々な植物の自生地帯が存在するのだ。

 

オーストラリア政府はこれら多くの固有の生物を守るために、厳しい検疫を行っている。

posted by そーた at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37508988

この記事へのトラックバック
トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。